婚活で大事なのは「長すぎない」

私たちは
「3ヶ月で一生の結婚相手を見つけるお手伝いをします。」
と謳っています。

「そんなに短い期間で本当に出会えるの?」
ということも聞かれますが、
むしろ短い時間で決めることが大事で、
長すぎるほうがよくないと考えています。

「出会って3ヶ月で結婚した」
「まったく結婚しそうな感じがなかったのに、
ある場所で出会って半年後に結婚したと聞いてびっくりした」

あなたの周りに、そういう人はいないでしょうか。

「あまり相手のことを知らないで結婚相手は選べない」
そう思われるかもしれません。

では逆に、
お相手候補といきなり3日間一緒にいてください、
と言われたらどうでしょう。

相手のことをよく知ることはできるかもしれませんが、
話が弾まなかったらつらい、
話が盛り上がらなくてもさすがに3日ずっとは無理でしょう。

私たちの結婚相談所の会員さんで、
先日成婚・退会された方がおっしゃっていました。

「長いデートはお互いボロが出るので良くない。
短い時間に何度も会う、が大事」

LINEでも長いメッセージを時々送るより、
短いやりとりを何度もする。そのほうがよほど盛り上がります。

デートも1回は2時間以内にし、
また次も会いたいと思うくらいでその日はお開き。
それでこそ次に続きます。

結婚に至るまでも同じ。

お互いいいと思っていても、
お付き合いにならないまま何ヶ月も経つ。
そうなると、なかなか次に進むタイミングもないものです。

私たちは会員さんに、
男性には5回目くらいのデートのうちに
「あなたのことが好きです」と言うように、と言っています。

婚活は、
男性のほうが結婚に向けてのスイッチが入りやすいもの。
また、女性も「好きです」の言葉でキュンときて、
スイッチ入ることが多いです。

「好きです」で女性は魔法にかかりますから、
そういう心の揺れ動きも大事と思っています。

結婚相談所で出会う人は、
その時点でお相手の仕事や収入などはわかっています。

これが自然な出会いならば、
何度も会うことで仕事などについて知っていくことになりますが、
すでにわかっている人と出会うので、
あとは「会ってみなければわからないどんな人か」を知るだけ。

ぜひ
「時間をかけずに決める」
「いいと思う人がいたら、すぐに」

を会員さんには意識していただきたいと思っています。
22715605_s.jpg

PageTop