「担当が清水さんだったからこそ、ここまでこれた」成婚女性Hさんインタビュー③

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。女性の会員さんです。

Hさん(女性・会社員/事務・28歳)
お相手の方(男性・士業・30歳)

婚活は勢い
正直、「勢いに流された」という感じで、結婚が決まりました。
逆に言うと、勢いが大事だということなのかもしれません。

アプリ上で相手の情報を見ることができるので、ある程度は前段階で分かってから会えます。初めて会った翌々日のお昼ぐらいには、その人と2回目会うかどうか決めなくてはいけません。アプリ上で返事をするわけですけど。
この時点では、実は私、じっくり考えて選んでいませんでした。
なんとなく「この人だったら大丈夫かな」という感じで、インスピレーションに従ったというか。

直感を信じ、折り合いをつける
考えれば考えるほど、結婚って難しい気がします。
なので、結婚を決めたときも、よくよく考えてというよりは、直感みたいなところがありました。
あと、ある程度、妥協というか、折り合いをつけるところは大事かなと思います。「ここは気になるけど、ここは大丈夫だから」みたいな。
結婚する相手とは、2~3回目のデートで、ほぼ素のままの私で楽しむことができたので、そこが大きかったですね。
他の方ではそうはいきませんでしたから。
素を見せても大丈夫な人だったら、このまま続けられるかな......と。
なので、「絶対この人だ!」みたいなビビッとくる決断ではなく、「この人なら大丈夫かな」といったほのかな決意と言いますか......。そんな感じでした。

頼りになる「人」と「道具」
Punonoの清水さんには、いろいろ相談に乗ってもらいました。担当が清水さんだったからこそ、ここまでこれたと思っています。
あと、もう一つ、アプリを使えたことも、本当によかったです。
アプリ上でお互いの希望や求める家族像を事前に確認し合えるので、すごく安心しました。
向こうの希望と合わなければ、お見合いを受ける前にキャンセルもできます。
あと、デートの時間や場所を記入してデータを残しておけるのも心強かったです。いつどこで誰と会っているのかを、アプリ上で把握してもらえるというのは、女性にとっては安心だと思います。最悪、何かが起こったとしても、そこに情報があるので。
家族には、なかなかデート先までは言いにくかったりします。かといって、まだ数回しか会っていない人と出掛けるわけですから。
清水さんという「人」とアプリという「道具」、どちらもすごく頼りにしていました。

引っ込み思案な人には結婚相談所がいい
私は、引っ込み思案で、かなり緊張するタイプです。
なので、大人数で開催される婚活パーティーみたいなのは、本当にハードルが高い。
お見合いというと、大勢のパーティーか、いきなり1対1で会うといった印象が強かったんです。でも、結婚相談所を使うと、事前にアプリで情報を見ることができたりして、心強かったですね。
控えめなタイプの方が婚活するなら、結婚相談所が合うと思います。