女性のための婚活ファッションのポイント

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。

最近の若い人はみなさん倹約家で、貯金を持っている人が多いと感じています。

堅実なのはとてもよいことと思いますが、
婚活では、かけるべきところにお金をかけるべき、とお伝えしています。

女性も、しっかり自分に投資しないと
「女性映え」しません。言ってみれば「女になれない」んですね。

これから誰かと出会いたいと思っている人は、外見も自分の一部だと思って、ぜひ自分を大切にするつもりで、お金をかけてみていただきたいと思います。

女性が婚活のためのファッションで意識していただきたいのは「女友達に受けるものと男性ウケする服装は違う」ということです。

女性の間ではいいと言われても、男性のウケはよくない格好はあるもので、婚活がうまくいかない人は、そのようなファッションを選ぶ傾向があります。
もちろん服装も個性ですから、それがダメとは言いません。ただし婚活をするならば、お相手のニーズを満たすようにすることを意識していただきたいと思います。

私たちの結婚相談所では、服装の指導をしている会員さんが洋服を買うときは、必ず買う前に写真を撮って送ってもらうようにしています。厳しいことを言って機嫌を悪くされることもありますが、「今までやっていなかったことをするのを恐れないことが大事」とお伝えしています。

20代の若い会員さんにも「少しでいいのでお金をかけよう」とお伝えしています。
若い人は、少しよいものを身につけるだけで一気に映えます。

もう少し年齢を重ねた方は、年相応にしっかりお金をかけることが大事。「年齢にふさわしい服装」がその人の魅力を引き立たせるからです。

どのような服装が婚活にふさわしいか、具体的にお伝えします。

男性ウケする女性のファッションは、なんと言ってもワンピース。
あまり体のラインを強調しないものがよいです。
今ならば春先なので、色の明るいものを着ていただきたいと思います。
合わせる靴は、ヒールが高すぎないパンプス。あまりヒールが高すぎると、歩きにくいですし男性にも「近寄りがたい」印象を与えてしまいます。

あまり主義主張しない服がよいです。
デザインが凝りすぎているのも、キャラが立っていないと着こなせません。
婚活では「無難」「おかしくない」を大事にしていただきたいと思います。
自分のしたい格好は、婚活のとき以外で。

大事にしていただきたいのは、「新しいこと」と「清潔感」昔は10年着られる服といったものがありましたが、婚活ではいいものを長くよりも、程々のものを適切な期間着るほうがよいです。
自分がときめかない服に、人はときめきません。新しいものであることは大事です。

バッグも高いものでなくていい。新しいものを。
自分に見合った形で、満遍なくお金をかけていただきたいと思います。