やり方の違う2人の担当が、会員さんに合う形でサポート!

私たちの結婚相談所、ブライダルPunonoは清水と井上の2人体制で会員の皆さんをサポートしています。
会員さんの性格やご希望、相性などを見ながらどちらが担当をさせていただくかを決めています。

井上は今の仕事をする前は、化粧品会社の営業所長をしていました。そのためメイクが非常に上手で、会員さんのきれいな写真を撮れるお手伝いをしたり、メイク指導をしたりといったことを得意としています。

男性の会員さんに対しては、ビシッとものを言うことが多いです。
会員さんはそのような物言いに対し「お母さんに叱られた」のような気になるのです。
井上は会員さんに対し「第三者的な立場から見てのアドバイス」をする形のサポートをするスタイル。それが彼女の得意な形です。

一方の私、清水は、会員さんとベタベタに付き合いながら「一緒に頑張っていきましょう」というサポートをしています。
例えば、「痩せればきっとお相手探しもうまくいくだろうな」という会員さんはたくさんいるのですが、私は「痩せなさい」と言うのではなく「私と一緒にダイエットしましょう」と、共に行動することをアドバイスします。

実際に会員さんと合同でダイエットし、食べたものの写真を送り合ったりしました。それだけで実際に、その会員さんは5キロくらい痩せることに成功したのです。
「清水さんがやっているのだから私もやろう」と思ってもらえたのかもしれません。
他にも、うまくいかなくて悩む会員さんと飲みに行ったり、自宅に呼んで食事を振る舞いながら、じっくり話を聞いたりといったことをしてきました。
今はコロナもあり、前のように積極的にはやりにくくなっていますが、その人と同じ目線で、「一緒にやっていこう」を大事にしています。

面白いもので、相性というものはあります。井上のように少し距離を置いてビシッと言うほうがアドバイスを聞きやすいとうまくいくタイプもいれば、私のようなやり方で「清水さんもやっているから」と動ける、続けられる会員さんもいます。
また、最初は担当が私だったのが、どうもうまくいかないので途中から井上に担当が変わる、最初は井上が担当で、その後私に変わる会員さんもいらっしゃいます。
どうも相性が微妙と思ったら、そのように担当替えをするのですが、その結果変うまくいくこともよくあります。

担当が2人いるからこそ、会員さんに提供できる価値が様々です。

3ヶ月で結婚したい人のために、私たちがしていること

「3ヶ月で一生の結婚相手を見つけるお手伝いをします」

私たちの結婚相談所のホームページでは、そのように謳っています。そのため、実際に「3ヶ月で結婚したい」方からのお問い合わせをたくさんいただいています。
「年齢的に40代の大台に乗りそうなので、それまでに決めたい」など、それだけ短い期間を希望される方の理由はさまざまです。

実は、短い時間で決めようと思っている人のほうが、いい意味で余裕があります。そして実際に、スピード婚をして退会していきます。

私たちは、早く決めたい、という人には、マッチングアプリを使わせません。3ヶ月で会える、イメージに合致する人の候補を出して「この中で決めましょう」という形で進めていきます。
「さすがに候補が少なく、期間も短いのでは?」と思われるかもしれませんが、人は根っこの部分が理解できるならば、結婚はうまくいくものです。

そのように短い期間で結婚を、と考え、また実際に成功しているのは、男性の方が多いです。

女性はそこまで短い期間でうまくいくことは多くありません。女性のほうが、お相手の男性に求めるものが多いと感じています。
経済的なことの他に「楽しくない」「真面目すぎてつまらない」と言う人も。私たちは「相手にあまり求めないで、自分で楽しくしましょう」とアドバイスしています。

女性はみんな、自分はいつまでも若くてきれい、相手を選べる立場と思っています。自分に自信を持つのはもちろんいいことですが、婚活市場における自分の価値を正しく知るのは簡単ではありません。そのような方に対し私たちは「たくさん会わせる」作戦を取っています。女性のほうから興味がある、会いたいとアプローチする若くて収入もあるイケメンに何度も断られると、だんだん自分を知ることができるようになり、担当者のアドバイスを聞けるようになります。

2591020.jpg

3ヶ月での成婚を目指さなくても、うまくいく女性は、最初に話を聞く段階で、なんとなくわかります。それは、いろんな気遣いができる人です。
私たちはサロンでお話をする際に、いつもお茶とお菓子をいくつか出しています。何度か受け取ったのちに「旅行に行ったので」「いただきものです」というように、今度は自分から持ってきてくれる。そういうことができる人は、100%うまくいくと断言します。
この前成婚し退会した女性もそんな感じで、退会時にもお礼の品を持ってきてくれました。
お礼の気持ちを見せる、言葉に表せる人は、うまくいくと感じています。