婚活は「今会える人で」の男性「これから会う人に」の女性

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 
ブライダルPunonoの清水かなこです。

男性と女性で、婚活のやり方はどのように違うのでしょうか。
結婚相談所に入会する男性は、明確に目的を持っていることが多いです。

男性は「結婚したい、そこで出会える人で決める」意識が強い傾向にあります。そのため、私たちが紹介するお相手候補に対しても、よほどダメと思う人でなければ、会ってみようと考えます。
一方女性は「恋愛がしたい、結婚するならば自分が普段出会えるよりももっと上の人と」と考えることが多いです。そのため、私たちの結婚相談所でも、紹介する男性に対して「え〜」という反応をみなさん示します。
結婚相手としてはよくても、恋愛相手としては物足りないのでしょう。

また、お相手候補と会ってからは、男性はこの相手、となったらそこからは速いです。スイッチが入ると、一気に結婚へと進んでいきます。

女性はお相手に対しても、「自分にはもっと相応しい人がいるはず」と考えがちです。
また、見切るのも早いです。この人はなし、と思ったらすぐ次にいきます。
脈ありと思っていても、相手からその後のアクションがなかったら、お断りなんだと思い、断わられる前に自分からお断りすることもよくあります。
相手もダメだったからではなく、忙しかったり、ダメだったのかと思い連絡していないだけのことも多いので、決めつけてしまうのはもったいないかもしれません。

そのような違いから、結婚相談所では男性のほうがお相手を見つけやすいですね。この人、と決めたら迷いなく、あっという間に結婚を決め、卒業していきます。

男性に比べると女性のほうが少しお相手探しに苦労する傾向がありますが、私たちは女性の会員さんに「1回会ってみただけではわからないですよ」とよくお伝えしています。

最初はそんなにいいと思えなくても、相手を知っていくうちに、段々といいと思っていくことは、珍しくありません。
特に、意外な姿を知ってそのギャップで恋に落ちることも、女性はよくあります。
「ダメじゃない」くらいに思ったならば、少し粘ってみて、とお伝えしています。

「どうも違う、と思っていろんな人に会ってきたけれど、最終的には最初に会った、ダメじゃないと感じた人に落ち着いた」
私たちの結婚相談所の会員さんにも、そんな方がたくさんいます。

特に結婚はそこから数十年の付き合いですから「長く一緒にいられる相手かどうかはすぐにはわからない」と思っていただければ嬉しいです。