私たちは「婚活で心折れるとき」に寄り添います

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。

結婚相談所が、あなたに合いそうな人をどう紹介しているか、をお伝えします。
お相手候補を紹介するためには、会員さんにどんな人が合いそうなのかをしっかり考える必要があります。私たちがそのためにしているのが、会員さん自身をよく知ること。
私たちの結婚相談所では、ご登録いただいた方を知るための時間を多く取っています。結婚に対してどんなイメージを持っているか、どんな結婚生活を送りたいかなどを、じっくり聞いています。
最近は減りましたが女性には家庭に入ってもらいたい男性もいれば、逆に女性がバリバリに働いて稼いでくれるなら、自分はそのサポートや主夫でもいい男性も多くなっているのも、時代の流れです。
奥さんに家庭に入ってもらいたいと思っている男性には、専業主婦になりたい女性を紹介しますし、主夫でもいい男性には、女医さんを紹介したりしています。

好みのタイプに関する会員さんのご意向は聞きますが、実は話半分です。多くの方が「好きな人には振り向いてもらえなくて、寄ってくるのは興味のない人」という経験をされているのではないかと思います。
「好きになるタイプ」と「好きになってくれる相手」は違うことがほとんど。婚活では、結婚してうまくいきそうな人を「あなたにはこういう人が合うと思いますよ」と推薦します。

最初は皆さん「好きになるタイプ」と会いたいと考えますが、そういう人は申し込んでも会えずに断られることが多いです。
そういうことが続いて、会員さんも考えを変えたほうがいいかもと思い始めたくらいの頃に、私たちの考える、とっておきの「結婚に向いていそうなお相手」をご紹介します。

会員さんにも心の準備や、やってみてわかること、考えが変わるタイミングがありますから、いきなりうまくいきそうな人を押しつけず、その方にベストのときを待つようにしています。
そのときが来れば、私たちのオススメを受け入れてくださるものです。

結婚は、その後の人生を一緒にいるたった1人の相手を選ぶことですから、時間もかかりますし、やっているうちに会員さんの考えもどんどん変わるものです。
決して急かさず、会員さん自身が納得して行動を起こしてもらえるようになるまで、私たちはじっくり時間をかけます。
断られていくうちに、みなさん自信もなくしちゃいますから、フォローして「うまくいかないのはあなたに魅力がないんじゃなくて、やり方がダメなだけ。それを変えてみましょう」と、温かくサポートします。

私たちの結婚相談所がご紹介するのはこんな方たち

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこ
です。
お相手を探している方に結婚相談所が紹介するのは、どんな人か?をお話しし
ます。
どんな人に出会えるかはとても重要で、また、登録を考えている人が思ってい
るイメージと、実際に紹介する方に結構差があるとも感じていますので、「私
たちがどんな人を紹介するか」をお伝えします。
女性は皆さん恋愛が好きですから、結婚相談所に登録される方も、恋愛がした
いと思っています。ドラマのような、燃えるような大恋愛がしたいという方も

先に言っておきますと、結婚相談所は、そういう火がつかないことが多いです
。ついても灯火みたいなもの(笑)。
結婚相談所では、大恋愛はありません。ロミオとジュリエットのような、敵対
し合う家同士の男女の、許されないからこその燃えるような恋。
許されない相手を紹介する結婚相談所は、ありません(笑)。
結婚相談所が言っているのは「燃えるような恋愛の期間が終わったあとも関係
が続く人を探しましょう」ですから、恋愛ではなく、結婚する相手を見つける
場と思っていただきたいと思います。
このブログを読んでくださっている方の中には、以下のような経験をしたこと
のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
皆さんの親くらいの年齢の親戚の方から「まだ独身なの?もったいない。私の
友達の息子(もしくは娘)がお相手探しているんだけど、会ってみない?」
そうは言われても、見せてもらった写真は全然いいと思えない人。
そのような経験から結婚相談所というと「紹介されても嬉しくない相手を押し
付けられる場所」というイメージをお持ちの方も、多いのではないでしょうか

私たちの結婚相談所は「押し付ける」ことは一切しません。結婚相談所と親戚
の違いは、「結婚相手を探している人がたくさん登録している」のが結婚相談
所で、親戚は「たまたま独身の人を知っている親切な人」です。正直に言って
、ほとんどの場合はそこまであなたのことを考えて提案してくれるわけではあ
りません。
昔は出会える人の数も限られていて、親戚の方も同じような紹介を経て結婚し
ているかもしれませんから、「よかれと思って」なのだと思います。
私たちの結婚相談所は、「この人とこの人は一緒になるとうまくいきそうだな

」と思える方をご紹介しています。
これまでにたくさんの方の結婚をお手伝いしてきた、その経験をもとにしての
ご提案です。
親戚の方とは、そもそもご紹介する方が違うと思っていただければと思います

婚活は「今会える人で」の男性「これから会う人に」の女性

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 
ブライダルPunonoの清水かなこです。

男性と女性で、婚活のやり方はどのように違うのでしょうか。
結婚相談所に入会する男性は、明確に目的を持っていることが多いです。

男性は「結婚したい、そこで出会える人で決める」意識が強い傾向にあります。そのため、私たちが紹介するお相手候補に対しても、よほどダメと思う人でなければ、会ってみようと考えます。
一方女性は「恋愛がしたい、結婚するならば自分が普段出会えるよりももっと上の人と」と考えることが多いです。そのため、私たちの結婚相談所でも、紹介する男性に対して「え〜」という反応をみなさん示します。
結婚相手としてはよくても、恋愛相手としては物足りないのでしょう。

また、お相手候補と会ってからは、男性はこの相手、となったらそこからは速いです。スイッチが入ると、一気に結婚へと進んでいきます。

女性はお相手に対しても、「自分にはもっと相応しい人がいるはず」と考えがちです。
また、見切るのも早いです。この人はなし、と思ったらすぐ次にいきます。
脈ありと思っていても、相手からその後のアクションがなかったら、お断りなんだと思い、断わられる前に自分からお断りすることもよくあります。
相手もダメだったからではなく、忙しかったり、ダメだったのかと思い連絡していないだけのことも多いので、決めつけてしまうのはもったいないかもしれません。

そのような違いから、結婚相談所では男性のほうがお相手を見つけやすいですね。この人、と決めたら迷いなく、あっという間に結婚を決め、卒業していきます。

男性に比べると女性のほうが少しお相手探しに苦労する傾向がありますが、私たちは女性の会員さんに「1回会ってみただけではわからないですよ」とよくお伝えしています。

最初はそんなにいいと思えなくても、相手を知っていくうちに、段々といいと思っていくことは、珍しくありません。
特に、意外な姿を知ってそのギャップで恋に落ちることも、女性はよくあります。
「ダメじゃない」くらいに思ったならば、少し粘ってみて、とお伝えしています。

「どうも違う、と思っていろんな人に会ってきたけれど、最終的には最初に会った、ダメじゃないと感じた人に落ち着いた」
私たちの結婚相談所の会員さんにも、そんな方がたくさんいます。

特に結婚はそこから数十年の付き合いですから「長く一緒にいられる相手かどうかはすぐにはわからない」と思っていただければ嬉しいです。