私の前で泣き出した相談者

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。

結婚は一生に1回、多くする人でも2回の一大イベントです。それだけ重要なものだから、ご本人が納得する結婚をしていただきたいと思っています。ですので、その方のご希望をしっかり叶えて差し上げるべく、私にできることをしています。

私の結婚相談所に来られる方は、ホームページの写真を見て「この人は騙さないだろう」と感じておられるようです。結婚相談所に対して「好きでもない人を押し付けられる」「高い」といったマイナスのイメージを持っている人も多いですが、「ここはそうではなさそう」とも感じていただけているようで、ありがたく思っています。

私の結婚相談所に来られるのは、初めての人以外にも、他の婚活サービスも使い、パーティーなどにも行ったけれどもダメだったという方が多いです。

私が会員さんに対して心がけているのは、とにかく話を聞くことです。今までどんな婚活をしてきたかなどを、ただひたすら聞きます。

話を聞いていると、30代の女性は8割くらいの方が泣き始めます。
「こんなに頑張っているのに、婚活パーティーも行っているのにうまくいかない......私はもう結婚できないんじゃないか?」
話しているうちに、たまっていた想いがあふれ出してしまうのです。

結婚は人生に1回ですから、たった1人の運命の人に出会えればいい、何度失敗してもいいのですが、何度もお断りされたりしていくうちに、自信をなくし、気持ちが折れてしまうのはよくわかります。

また次!とだんだん思えなくなってしまうのも、当然です。たまった嫌な気持ちは、しっかり吐き出したほうが次に進めます。

結婚相談所と信頼関係を築けると婚活はうまくいく

話していて泣き出す女性は、だいたい入会します。そこまで話すことができて、私との間に信頼関係をつくれた人は、今度こそうまくいくようになっていきます。

今までうまくいかなかったのには、どこかに原因がありますから、まずはそこを改善。でも「ここがダメ」といきなり言われても、誰でも耳の痛い意見はすんなり受け入れられないもの。話を聞けるかどうかは、信頼関係次第。しっかりした信頼でつながれると、私の言うことも聞いてもらいやすくなります。そうなったら、どんどんよくなっていくのです。

私と話しているうちに泣き出した、30代の女性。その人は彼と1年前に別れたものの、ズルズルと関係を続けていて、完全に「都合のいい女」になっていました。

私は「まずその関係を完全にやめなさい」と指摘しました。そのような関係が続いていると、次の恋には進めないもの。彼女は思い切って決断、ぜんぶ整理したことで、新たな一歩を踏み出すことができました。
そして結婚を前提とした付き合いのできる方とお会いし、見事にゴールイン!信頼関係ができたことで、前向きに改善、婚活成功です。

結婚相談所に来る人は、何かしら悩みを抱えているもの。ある程度信頼関係ができると、それを話してもらえるようになります。

悩みは女性なら「付き合った人と別れて以降、出会いがない」「誰とも出会えなかったらどうしよう」といったもので、男性なら「女性に対してどうしたらいいかわからない」などです。

悩みを本人が打ち明けてくれることに、大きな意味があります。打ち明けたとは、それに対して言われることも、聞ける状態にある。そういう人にこそ、しっかりアドバイスができるからです。

「あなたのことは否定しません。絶対に外に漏らしません」というスタンスで、話をしてもらえるのを待つようにしています。