理想のパートナーを作るのはあなた

ブライダルPunono 清水かなこです。

「理想のパートナーに出会いたいんです」
「清水さんのところに入会すれば、理想の相手に会えますか?」

私の結婚相談所にお越しになる方より、
よくそのような希望や、ご質問をいただきます。
私ははっきりとお伝えしています。

「あなたにとって理想の人に出会おうとするのではなく、
出会う相手を育てていくつもりでいてください」と。

育てるといっても、親が子供を育てるように、
あれこれ指示をしたり、叱ったりするのではありません。
パートナー育てのためにすることは、とても簡単です。

パートナーを育てるとは、
「相手がこれをされたら嫌だと思う、地雷を踏むことを避ける」
それだけです!

人は誰でも、されたら嫌なことがあるものです。
他人からすればどうってことのないように思えても、
本人は気になる、嫌な気分になるもの。

例えば容姿を否定されたり、心ない言葉を浴びせられたり、
時間やお金にルーズだったり、食べ方が汚いなどなど......。

とはいえ、相手がされたら嫌なことは、なかなかわからないものです。
わからないならば、どうするか?

相手に聞いてみればいい!
そこで結婚相談所の出番です!

結婚相談所は
「パートナーに何を望むか」
「どのような結婚生活を送りたいか」
といったことも事前に聞いているので、相手にされて嫌なことも、
お相手の方にシェアします。

「この人はこうされたら嫌」と思うことは一切しない、
それだけで相手を育てることにつながります。

相手を育てるというと、偉そうな感じがあるかもしれません。
そんなに難しく考えないで大丈夫。
相手を育てるとは、自分もその人にふさわしいパートナーに育つということです。

相手が嫌がることをしない、それは大人の気遣いであり、
気を遣える人を相手は信頼し、パートナーへと変化していきます。

結婚し、日々の暮らしをしていくとは、パートナーと、深い信頼関係を築くことです。そのために必要なのは、日々信頼を重ねる行動を繰り返すことです。

パートナーとの在り方は、自分との対峙でもあります。
最後に、育てる価値のあるパートナーに必須の条件をまとめておきます。

・真面目に働いている
・誠実である
・思いやりがある

「そんなこと?」と思われるかもしれません。
どれも日常生活を送る上で必要なことです。

その要素を持ち合わせていて、かつ自分にとって一緒にいることが心地よい方であれば、その人を理想のパートナーにしていく、それから始めてみませんか?