誰と結婚しても同じ!?

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 
ブライダルPunonoの清水かなこです。

今日は2度の結婚を経て、いろいろなことを学んだと語る方の体験談をご紹介します。

その方、Uさん(50代男性。離婚歴あり)はこう語っています。

「僕が若い人に言っているのは『誰と結婚しても同じ』

一度離婚している人が何を言っているのかと思いますが(笑)、
その話には続きがありました。

Uさんはこう言います。

「相手が誰でも、大事なのは自分が相手のことを思って行動できるかだ。一度目の結婚のときは、それに気づくことができなかった。『奥さんなんだからこのくらいしてくれたっていいじゃないか』『このくらいのことは大目に見てほしい』と、自分の都合ばかり押し付けて、相手のことを考えられなかった。問題は相手が悪いんじゃなくて、自分にあった。そのことをわかっていたら、離婚はしていないと思う」

結婚がうまくいかない原因に、
「パートナーを自分の所有物だと思う」ことが挙げられます。

所有物なのだから、何をしてもいいと無理を言ったり、相手に対する気遣いが欠けてしまうと、関係はギスギスしてしまいます。逆に、結婚生活がうまくいっている人は、パートナーを「他人」と思っていることが多いように感じます。

「よその人」という冷たい意味ではなく「元々生まれも育ちも違うまったく別の人なのだから、違うのは当然。わからない部分がたくさんあるのが当たり前」と考えるのです。

「パートナーは所有物、何かしてもらえるのが当たり前」と思っていると、自分の思う通りにしてくれないと思うと、それはマイナスですから、イライラしたりすることもあるでしょう。

「パートナーは他人」と思っていると、何かしてくれたらありがたいと感じられて、感謝の気持ちも生まれます。

どちらがパートナーとの関係としてよいものかは、言うまでもないですね。なお、一度離婚している人の再婚後の結婚生活はうまくいくことが多いです。過去の失敗から学び、同じことは繰り返さないという思いが働くからでしょう。

私たちの結婚相談所では、離婚は悪いことだとはまったく考えていません。

そのときはつらい思いをしたとしても、そのときの経験をもとに、その後出会う方と一生のよい関係を築くことができるなら、よい勉強と言えるのではないでしょうか。

誰と結婚しても同じかはわかりませんが(笑)、大切なのは相手に対して思いやり、気遣いの心を持って接すること、それは間違いありません。

私の前で泣き出した相談者

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。

結婚は一生に1回、多くする人でも2回の一大イベントです。それだけ重要なものだから、ご本人が納得する結婚をしていただきたいと思っています。ですので、その方のご希望をしっかり叶えて差し上げるべく、私にできることをしています。

私の結婚相談所に来られる方は、ホームページの写真を見て「この人は騙さないだろう」と感じておられるようです。結婚相談所に対して「好きでもない人を押し付けられる」「高い」といったマイナスのイメージを持っている人も多いですが、「ここはそうではなさそう」とも感じていただけているようで、ありがたく思っています。

私の結婚相談所に来られるのは、初めての人以外にも、他の婚活サービスも使い、パーティーなどにも行ったけれどもダメだったという方が多いです。

私が会員さんに対して心がけているのは、とにかく話を聞くことです。今までどんな婚活をしてきたかなどを、ただひたすら聞きます。

話を聞いていると、30代の女性は8割くらいの方が泣き始めます。
「こんなに頑張っているのに、婚活パーティーも行っているのにうまくいかない......私はもう結婚できないんじゃないか?」
話しているうちに、たまっていた想いがあふれ出してしまうのです。

結婚は人生に1回ですから、たった1人の運命の人に出会えればいい、何度失敗してもいいのですが、何度もお断りされたりしていくうちに、自信をなくし、気持ちが折れてしまうのはよくわかります。

また次!とだんだん思えなくなってしまうのも、当然です。たまった嫌な気持ちは、しっかり吐き出したほうが次に進めます。

結婚相談所と信頼関係を築けると婚活はうまくいく

話していて泣き出す女性は、だいたい入会します。そこまで話すことができて、私との間に信頼関係をつくれた人は、今度こそうまくいくようになっていきます。

今までうまくいかなかったのには、どこかに原因がありますから、まずはそこを改善。でも「ここがダメ」といきなり言われても、誰でも耳の痛い意見はすんなり受け入れられないもの。話を聞けるかどうかは、信頼関係次第。しっかりした信頼でつながれると、私の言うことも聞いてもらいやすくなります。そうなったら、どんどんよくなっていくのです。

私と話しているうちに泣き出した、30代の女性。その人は彼と1年前に別れたものの、ズルズルと関係を続けていて、完全に「都合のいい女」になっていました。

私は「まずその関係を完全にやめなさい」と指摘しました。そのような関係が続いていると、次の恋には進めないもの。彼女は思い切って決断、ぜんぶ整理したことで、新たな一歩を踏み出すことができました。
そして結婚を前提とした付き合いのできる方とお会いし、見事にゴールイン!信頼関係ができたことで、前向きに改善、婚活成功です。

結婚相談所に来る人は、何かしら悩みを抱えているもの。ある程度信頼関係ができると、それを話してもらえるようになります。

悩みは女性なら「付き合った人と別れて以降、出会いがない」「誰とも出会えなかったらどうしよう」といったもので、男性なら「女性に対してどうしたらいいかわからない」などです。

悩みを本人が打ち明けてくれることに、大きな意味があります。打ち明けたとは、それに対して言われることも、聞ける状態にある。そういう人にこそ、しっかりアドバイスができるからです。

「あなたのことは否定しません。絶対に外に漏らしません」というスタンスで、話をしてもらえるのを待つようにしています。

稼ぐ男性のお相手に選ばれるのはこんな女性

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 
ブライダルPunono 清水かなこです。

「玉の輿に乗りたい」

多くの女性が願っていることかもしれません。玉の輿と言われるような、稼いでいる男性はどのような女性をパートナーにしているのかをお伝えします。

成功した男性を、内助の功で陰で支える。玉の輿婚にそのようなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。そのようなイメージは、何十年か前のもので、今ではまったく違います。

アメリカのトランプ大統領の夫人、メラニアさんはモデルもしていた人です。成功者が選ぶのは「トロフィーワイフ」自分は前に出ず、陰で支えるような地味な相手は選びません。成功者は、お相手にも力を入れたい。「あの人のパートナーはすごい」と言われるようなきれいな人を選んでいます。

日本でも、政治家の小泉進次郎氏は、滝川クリステルさんと結婚しました。小泉さんは将来の総理大臣の座を狙っているでしょうから、「総理夫人としてふさわしい人」として彼女をお相手に選んだ大きな要素になっているのは、間違いないでしょう。

稼ぐ人はお相手候補もたくさんいて、いわば選び放題ですから、その中でもきれいな人が選ばれるのは当然と言えます。

ただし私は、稼ぐ人のお相手には美貌以外にも重要な要素があると考えています。

稼ぐ男性に求められるのは、自身の仕事やビジネスにインスピレーションを与えてくれる人。稼ぐ人は、常に仕事のアイディアやヒントとなるものを求めています。自分にないものをもたらしてくれる相手を、パートナーとして選ぶのです。

滝川クリステルさんはその美貌もさることながら、長年キャスターを務めまし
たから、頭もよい人でしょう。小泉さんも、彼女との会話から政治家としての仕事に役立つものをたくさんもらっているのではないでしょうか。

今の時代はコンビニもたくさんあり、稼ぐ人は家政婦も雇えますから、お金さえあれば暮らすのは簡単です。家のことをなんでもしてくれる、仕事に専念できる環境を整えてくれる家政婦のようなワイフを求めている男性はほとんどいません。

それよりも、稼ぐ男性に稼ぐためのアイディアやヒントを与える、それこそが

「今の時代の内助の功」

と言えるのではないでしょうか。

これまでお仕事を頑張ってきた女性にも、むしろそのような人たちだからこそ
、稼ぐ男性のお相手としてふさわしいのです。

恋愛と結婚は別?

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunono清水かなこです。

会員さんにお相手候補をオススメすると、「え〜」という反応が返ってくることが多いです。
「こんな人じゃイヤ。自分にはもっとふさわしい人がいる」と思う、珍しいことではありません。
それでも会ってみてもらったあとに感想を聞くと「恋愛感情がわかない」と言われることが多いです。

私は「ちょっと会っただけではわからないよ」と言っています。
相手の人間性がわかるためには、ある程度付き合うことも必要です。
実際に、初めは「嫌な人だな」と思っても後々OKになる人はいます。「嫌い」も1つの反応です。何かしらその人の琴線に触れるからです。

恋愛漫画や小説でも、主人公のお相手に対する印象は「出会いは最悪だった」で始まることがよくありますよね。
何かしらあなたに響くものがある人は、縁がある人かもしれません。

これは恋愛に限らず、最初は「嫌な人だな」と思っても、何回か会ううちに実はいい人だったとわかると、関係性が逆転して、苦手だったのが好きに変わることはあります。
それを知る機会がないうちにやめてしまうと、それで終了ですから、もったいないと思っています。

特に結婚相談所に来る方は、まだふさわしいお相手に出会えていないわけですから、恋愛なら響かなかった違う方を候補に考えてみると、それが運命の人かもしれません。

「結婚にどこまで恋愛要素を求めるか」は人それぞれで、答えはないのですが、ひとつ言えるのは恋愛と結婚は性質が違います。

恋愛は性欲的な部分が強いもの。それに対し結婚を前提としたお見合いは、性欲的な部分がなしの状態からスタートします。

結婚生活に必要なのは恋愛感情ではありません。お相手と長く続く信頼関係を築けることのほうが大事です。
こう言うとがっかりする方もいらっしゃるかもしれません。ですが結婚には、恋愛と違うよさがたくさんあります。
せっかく結婚したいと思っている方には、そのよさを味わっていただきたいと思っています。

そのように恋愛と結婚は違うものなので、ぜひ「違うもの」と思っていただけると、うまくいきやすいです。
特に女性は男性を「恋愛対象じゃない」と早めに見切ってしまう方が多いので、「結婚相手だったらどうか」と、少し長い目で見ていただきたいと思います。

「自分に合う相手」の見つけ方

「自分に合う相手」はどのように見つけたら良いのでしょうか。結婚相談所では、会員さんの結婚に望むことなどから、「この方はいかがでしょう」とご提案をします。
それに対して「え〜」という反応が起こることはしょっちゅうです。

みんな自己評価が高いですから、「自分にふさわしいのはもっとレベルが上の人」と思ってしまうんですね。
自分に自信があるのがよいことです。とはいえあまりに釣り合わない人だとうまくいかないことがほとんどなので、お相手は今の自分にプラスアルファで15〜20点くらいがいいとお伝えしています。

結婚相談所には実はいろいろあります。マッチングアプリなどでは、よいと思った人に会員が直接連絡できるスタイルが多いかもしれません。
ブライダルPunonoは、基本的に担当者がオススメをし、その人に会うかどうかを考えてもらっています。それは次のような理由からです。

マッチングアプリなどには、候補者がわんさか登録しています。この中から「選ぶ」と思うと、婚活が自分優位になってしまいます。
結婚は相手あってのことで、自分も「選ばれる」必要があります。すべてを選ぶ側だと思っていると、うまくいきません。

会員さんがお相手候補を見るのは自由ですが、会いたいと思った場合は、事前に相談員に話してほしいと言っています。
そして実際におつなぎするかどうかも、相談員が判断します。

こう書くと何様かと思われるかもしれませんが、それが実はよいお相手を見つける近道と考えています。
たとえば、都内の高学歴、高収入の男性には、1000人とかそういった数の女性から会いたいと申し込みがあります。とても見られないですし、ご自分がその立場だったら「選び放題。しようと思えばいつでも結婚できる」と思っちゃいませんか?

あまり「選ぶ」つもりでいると、選択肢が多すぎれば迷いますし、逆に結婚が決まるのに時間がかかるものです。

幸せな結婚をしていただくためには、「合いそう」とプロが思う相手をお勧めしたいですし、早くお相手を見つけて幸せになっていただきたいと思っています。

候補者をオススメするポイントは、家族構成や仕事に対する考え方、性格などなどいくつもあります。決して顔や年齢だけでは判断しません。

初めにお聞きした結婚相手に求める条件に合致するならば、合うのでは?と提案しています。

「結婚が遅れるいい人」はこんな人

こんにちは!群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunono 清水かなこです。

結婚相談所に来る人は、決してモテないわけではありません。人間性に問題があるという方はおらず、みなさんなぜお相手がいないのだろうと思うくらいにステキな方ばかりです。

ステキなのに結婚が遅れる方、なかなかお相手が見つからない方には、共通点があります。それは「マメではない」ことです。
マメな人はモテます。それは間違いありません。

マメでない人は、それまで仕事に没頭していたりしてLINEをする習慣がなかったりします。
LINEをする習慣ができるだけでモテる、そういう方もたくさんいますから、お相手を探している方は、ぜひマメになっていただきたいと思います。

でも、男性なら女性にLINEするのは、嫌がられたらどうしよう、女性なら男性に電話したりしたら引かれないか心配、と思うかもしれません。

また、せっかく電話しても話題がなくて話が続くか心配、LINEはどうも苦手という方もいるでしょう。
そういう方には、お仕事のあとにお相手の方と食事の時間を設けてもらうなどを最初のステップにしています。
それが済んだら一緒に出かけましょうと話しています。
電車に乗ったり、人の集まる場所に行くのは心配であれば、ドライブなどもオススメです。

●コミュニケーション力が低いほうが、結婚相手に向いている?
異性とうまく話せない、何を話したらいいかわからないという人には、恋愛小説を読んでもらっています。恋愛の感情を言葉で知ることができ、またイメージもしやすくなります。
本は読まないという人には、恋愛漫画がオススメです。

マメでない人は、コミュニケーション力の低い人と言えます。そういう人はみんな、語彙が少ないです。黙っていても済む世界に生きてきたのか、エンジニアなど技術系の人はコミュニケーションが不得手です。また、それらの人は自分の世界をしっかり確立しているので、それを崩すのが苦手。
結婚するとは他人を自分の世界に受け入れることでもありますから、結婚したいと思ったら、自分だけの世界を崩す、それはとても重要です。

コミュニケーション力が低くて連絡もマメではない、そういう人も、じっくり付き合ってみるといいところがあるもの。
私はまず、会員さんのいいところを見つけることを意識しています。「無口だがこういう性格だ」とわかったら、それが伝わりやすい、それがいいところ、と思える人に会ってもらうようにします。

3ヶ月あれば結婚できる

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunono 清水かなこです。

お笑い芸人の岡村隆史さんが、結婚を発表されました。岡村さんと言えば、長年独身のイメージでしたから、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

あなたの周りにもいませんか?全く気配のなかった、独身を謳歌しているかのような感じだった人が突然結婚を報告、というケース。
「いつの間に相手を見つけていたの?」という感じですよね。

「スピード婚」という言葉がありますが、結婚相談所では、よくあることです。
結婚は一生のことだから慎重に、と考えがちですが、実は勢いも大事です。「長く付き合えば結婚もうまくいく」かというと、そうでもありません。

恋愛は付き合いはじめがいちばん楽しいように、男女は付き合ってから1年くらいが、もっともよいときです。その後付き合いが長くなり、別れの道を選んでしまうのは、相手が空気のような、いるのが当たり前の存在になってしまうから。そうなってしまうと、結婚は遠のきます。
あなたの周りにも「付き合いは長いし、いまさら結婚もね〜」と言っているカップルはいませんか?

●付き合ってから3ヶ月で結婚モードに

恋愛を楽しみたい、結婚は先でいい20代に比べて、結婚を強く意識している30代、40代の方は、気に入った人に出会うとだいたい3ヶ月で結婚モードに入ります。

結婚相談所でも、そのモードに入ったと感じたときに「そろそろ結婚について話し合ってもいいんじゃない?」と背中を押します。

結婚モードには、男性のほうが入りやすいです。
女性には、男性が結婚モードに入ったときに具体的な話をするようにしてもらいます。
逆に、男性にスイッチが入っていないとき、女性から結婚の話をすると「今はそんなこと考えていないし......」と逃げてしまいますから、注意が必要です。

結婚相談所では、3ヶ月を「仮交際期間」にしていて、それが終わるタイミングで、「その後どうしますか?お付き合いを続けますか?やめますか?」と聞いています。
期限を決めることで、話も進みやすくなります。

仮交際期間が3ヶ月続いたら本交際へと進み、トータルで6ヶ月交際すると、ほぼすべてのカップルがゴールイン、結婚しています。

丸々6ヶ月かける人はむしろ例外で、ほとんどは3ヶ月経たずに結婚します。

ある東京のお医者さんは、結婚までに6ヶ月を要しましたが、それは仮交際期間に6人と交際していたからです。それだけ選択肢があったのだからすごいものですが(笑)、その後1人に絞ってからは、あっという間に結婚されました。

「結婚までに必要な期間は3ヶ月、要るものは「期限」と「勢い」そう思います。

理想のパートナーを作るのはあなた

ブライダルPunono 清水かなこです。

「理想のパートナーに出会いたいんです」
「清水さんのところに入会すれば、理想の相手に会えますか?」

私の結婚相談所にお越しになる方より、
よくそのような希望や、ご質問をいただきます。
私ははっきりとお伝えしています。

「あなたにとって理想の人に出会おうとするのではなく、
出会う相手を育てていくつもりでいてください」と。

育てるといっても、親が子供を育てるように、
あれこれ指示をしたり、叱ったりするのではありません。
パートナー育てのためにすることは、とても簡単です。

パートナーを育てるとは、
「相手がこれをされたら嫌だと思う、地雷を踏むことを避ける」
それだけです!

人は誰でも、されたら嫌なことがあるものです。
他人からすればどうってことのないように思えても、
本人は気になる、嫌な気分になるもの。

例えば容姿を否定されたり、心ない言葉を浴びせられたり、
時間やお金にルーズだったり、食べ方が汚いなどなど......。

とはいえ、相手がされたら嫌なことは、なかなかわからないものです。
わからないならば、どうするか?

相手に聞いてみればいい!
そこで結婚相談所の出番です!

結婚相談所は
「パートナーに何を望むか」
「どのような結婚生活を送りたいか」
といったことも事前に聞いているので、相手にされて嫌なことも、
お相手の方にシェアします。

「この人はこうされたら嫌」と思うことは一切しない、
それだけで相手を育てることにつながります。

相手を育てるというと、偉そうな感じがあるかもしれません。
そんなに難しく考えないで大丈夫。
相手を育てるとは、自分もその人にふさわしいパートナーに育つということです。

相手が嫌がることをしない、それは大人の気遣いであり、
気を遣える人を相手は信頼し、パートナーへと変化していきます。

結婚し、日々の暮らしをしていくとは、パートナーと、深い信頼関係を築くことです。そのために必要なのは、日々信頼を重ねる行動を繰り返すことです。

パートナーとの在り方は、自分との対峙でもあります。
最後に、育てる価値のあるパートナーに必須の条件をまとめておきます。

・真面目に働いている
・誠実である
・思いやりがある

「そんなこと?」と思われるかもしれません。
どれも日常生活を送る上で必要なことです。

その要素を持ち合わせていて、かつ自分にとって一緒にいることが心地よい方であれば、その人を理想のパートナーにしていく、それから始めてみませんか?

女性会員さん、ご成婚となりました。

四連休、如何お過ごしでしょうか?サロンではお見合い、そして、、

女性会員さんが、軽井沢のレストランでプロポーズを受けてご成婚となりました。

そして明日はご成婚退会の手続きにみえます。
もう?退会?年齢の若い方が結婚相談所に入会すると本当に早いご成婚となります。

文字に書いてみるとアッサリとしたように感じるでしょうけれど、ご成婚に至るまでには色々な事がありました。ご入会後直ぐにコロナ禍となったり、気持ちが疲れたと休会したり、、結婚相談所の中は出入りがあるので時間が経過すると顔ぶれが違ったりするもので、コロナ禍が少し落ち着いた時に活動再開して最初に出会った男性とあっという間に関係を深めて、みごとご成婚です!

数日前から、急に秋が深まってきましたね。
来年への期待などが年末に向かってクレッシェンドなこの季節。
本当におめでとう!と心から申し上げたいと思います。

新しいページを見てみよう

私たちの小さな結婚相談所・婚活サロンブライダルPunonoは前橋市にあります。

群馬県庁や裁判所、公官庁が立ち並ぶ場所に小さなサロンを開き、4年めを迎えました。
スタッフは女性二名ですので、女性が多いと思われますが男女比は半々くらいで主に30代、40代の方が多く登録されています。

結婚相談所(この名称が良くないのですが)の敷居は今はどんどん下っていると言えるでしょう。20代の会員さんもおりますが、仕事と自宅の往復の中で安全で安心な出会いを求めてご入会されています。結婚って、どんなイメージですか?しなくてはならないもの、、でもありません。今や幸せの形は人それぞれですから、結婚相談所もオーダーメイドでなくては!という信念のもと相談所を主宰しています。

自分の人生の新しいページを一緒にめっくってみませんか?
新しいページには何が描けるのか?何が描いてあるのか知りたいと思うのなら、私たちがお手伝いいたします。

少人数制の会員制のサロンは定員となると、会員募集はせずにまたご成婚の方がご卒業されれば再募集するようなシステムとさせていただいております。それは大人数になってしまうと、サポートが手薄になって会員さんに迷惑をかけてしまう理由からです。

現状は定員ですが今月は二名ご卒業予定ですので、
確定しましたらHP上でお知らせいただきます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
IMG-5094.jpg