「すごく親身になってのアドバイスをもらえました」成婚者インタビューYさん①

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。

Yさん(男性・会社員/サービス業・40歳)
お相手の方(女性・ダンス講師・33歳)

婚活を始めたきっかけ
結婚したいという気持ちはずっと持っていました。でも、職場と家との往復ばかりで、出会いがなくて。
自分はあまり積極的に女性に声をかけられるようなタイプではありません。なので、女性としりあえたとしても、なかなか交際に発展しませんでした。
そこで、本腰を入れて婚活しようと決めました。

婚活の方法に結婚相談所を選んだ理由
結婚相談所であれば、相手の方の身元もしっかりしているという安心感がありました。
あと、結婚相談所には本気度の高い人が集まっているイメージがありました。本当に結婚したい人が集まってきているんだろうと思ったんです。

私は自分から声をかけたりすることが苦手なので、お見合いタイプの方が合っていると思ったことも、結婚相談所を選んだ理由です。
街コンやパーティの場合、自分から働きかけるのが上手な方には向いているでしょうけれど、私みたいな引っ込み思案なタイプには難しい。たぶん、何にも起こらないまま帰っちゃうんじゃないか。そんな気がしました。

アプリとかもありますが、私、ネットとかでやりとりするのがあまり得意じゃないので。
アドバイザーさんとか、人が介してくれた方がいいと思ったんです。
それで、結婚相談所で婚活することにしました。

Punonoを知ったきっかけ

Punonoに登録する前は、他の結婚相談所で3年ほど婚活していました。そこでお見合いを繰り返していたのですが、どうにも結果が出なくて。
そんな時に、親がネットで調べて「こことかいいんじゃない?」と勧めてくれたのがPunonoでした。
せっかく調べてくれたし、「とりあえず説明だけでも聞いておくか」という感じで行ったのが、最初です。

Punonoに入会してみて

Punonoに入会してみてよかったのは、とても面倒見がよくてアドバイスが的確なところです。
それまでは、お見合いで断られても「ダメでしたね」で終わりだったんですよね。なぜダメだったのか、振り返りというのが特になくて。
そうなると、失敗を次に活かすことができないじゃないですか。そうしたら、なんだかだらだらしてきちゃって、ただ続けているという感じになってしまった。
でも、Punonoでは、「 LINE をどんどんしましょう」「積極的に働きかけましょう」とアドバイスがもらえました。すごく親身になってくれて。

実は私、それまでLINEを使ったことがありませんでした。でも、LINEを使ったほうが婚活がスムーズに進むということで、Punonoさんが登録の仕方やメッセージの送り方など、イチから教えてくれました。
あと、途中でプロフィールの写真を変えたのですが、わざわざ東京のスタジオを探してくれて、予約まで入れてくれました。
本当にいい写真が出来上がって、かなりモチベーションが上がりましたね。

お見合いって、うまくいかないことのほうが多いと思います。
そのとき、親身になってくれる人がいると、「くじけないでまた頑張ろう」という気持ちになれるんです。

「自己判断ではなく客観的に見てもらえる。そこが結婚相談所のいいところ」成婚者インタビューMさん③

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。
女性の会員さんのものです。

Mさん(女性・会社員/福祉・30歳)
お相手の方(男性・会社員/医療・30歳)

成婚に至った経緯
Punonoさんに入会してから成婚までは、4ヶ月ぐらいです。
5人くらいの方にお会いしましたが、結局、お1人目の方と結婚しました。

あんまり長びかせてもしょうがないかな、と思ったのと、あと、無理せずコミュニケーションが取れる方だったので。コミュニケーションが一番重要だと、私としては思っていて。

「もっといい人がいるんじゃないか」とか、欲を出しちゃうとキリがないですし。
自分が楽に接することができるかどうかを重視して決めました。

相手を選ぶとき、街コンとかアプリだと、自分で判断するしかないじゃないですか。それって、かなり難しいことだと思うんです。
でも、仲介の方を通すことで、「この人が合うんじゃないか」「こういうところが合うんじゃないか」って、自己判断ではなく客観的に見てもらえる。そこが結婚相談所のいいところですよね。

思いのほか疲れた
「あんまり多くの人と会っても分からなくなる」と言われたので、「10人くらいに会ってみよう」と思っていました。でも、実際には5人くらいしかお会いしていません。
なぜかというと、疲れるんですよ。仕事しながらだし、もう、そんなに会っていられない。
これはその人の仕事によるのかもしれませんが、婚活って、そんなに長く続けられるものじゃないと思います。
私の場合、職場がシフト制で、土日固定休ではありません。でも、相手の方は土日休みだったりするじゃないですか。だから、仕事の早く終わる日に合わせたりとか。
とりあえず「疲れてても頑張るか」と、なんとか乗り切った感じです。

結婚相談所に入会するか迷っている方へ
優柔不断な人には、結婚相談所はかなりお勧めです。いろいろアドバイスをくれるので、自分の気持ちの整理もしやすくなります。
Punonoさんの場合、ぐいぐいこられるのが苦手な人でも、受け入れられるような雰囲気になっています。
あと、大事なことですが、お値段的にも、Punonoさんは利用しやすいと思います。
Punonoさんに行く前に、いろいろな結婚相談所を見たのですが、他のところよりリーズナブルで、なのにしっかりサポートしてくれました。

「素直に言われたことをきちんとやるのが近道」成婚者インタビューMさん②

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。
女性の会員さんのものです。

Mさん(女性・会社員/福祉・30歳)
お相手の方(男性・会社員/医療・30歳)

婚活を意識してから入会まで1年迷った

実は私、婚活を意識してからPunonoさんに入会するまで、1年間くらいずっとあれこれ悩んでいたんです。
マッチングアプリを使ったり、街コンに行ったりはしていましたが、そこで自分でちゃんと相手を選べる自信がなくて。でも、相談所っていうと、ちょっと堅苦しいイメージがあって、なかなか行ってみる勇気がでなかった。「今の時代に、結婚相談所って、ちょっとどうなんだろう」みたいな、変な先入観があって。
ネットでいろいろ調べてはいたものの、そこから1年、何もせずにいたんです。
今思えば、そこまで不安になることはなかったなぁ......と思うんですが。


Punonoに入会してみて

いろいろぐいぐい勧められるのかと思っていたんですけれど、そうでもなくて。
「あれ、なんか放置されてんのかな?」と思うくらい(笑)。
結婚相談所に入会するのが初めてだったので、最初は少し心配になりましたが、質問すればすぐに答えてくれるので、「そういう感じなのね」と納得しました。自分のペースを乱されずに進めることができたので、だんだんこのやり方が心地よくなっていきました。
こちらにエンジンがかかるのを待っていてくれたのかもしれません。

Punonoさんへ相談に行くときも、なんだか雑談しに行ったみたいな感じのことが多かったです。
自分の気持ちを整理する時間......みたいな感じでしたね。
人見知りだったり、コミュニケーションが苦手だったりする人は、すぐに相談って難しいと思います。そういう人には、雑談する中からちょっとした悩みを引き出してくれるPunonoさんのスタイルは、向いていると思います。

自分の中で一番活きたアドバイスは、「いつからいつまでやるのか、期間を決めて動いたほうが、覚悟ができるわよ」という言葉です。
いつまでに頑張るといったことを、何も決めずに相談に行っていたのですが、このアドバイスを受けて、考え直しました。それが成婚につながったので、素直に言われたことをきちんとやるのが近道だと思います。


「無理なく婚活ができそうと思いました」成婚者インタビューMさん①

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。
女性の会員さんのものです。

Mさん(女性・会社員/福祉・30歳)
お相手の方(男性・会社員/医療・30歳)


婚活を始めたきっかけ

もともと付き合っていた方がいたんです。でも、コロナをきっかけに「なんだかちょっと考え方が違うな」と感じるようになりました。
私は、こういう状況のときには会うことを控えたいと思っていたのですが、向こうからは「会いたい」と言われて。価値観がちょっと違うかな......と。
それで、一回お別れして、恋愛や結婚のことについて考えるのも、お休みしたんです。

でも、コロナが流行してから1年ぐらい経った頃、「さすがにそろそろ始めないと」と思い、婚活を開始しました。

以前から、マッチングアプリに登録したり、街コンに参加したりはしていました。
年齢的に、同じように出会いを探している友だちが結構いて、友だちと一緒に遊び感覚で街コンへ気軽に行っていたんです。
ただ、真面目に考えすぎちゃってノリが合わなかったり、「ちょっと信用ならないな、この人」と思うことがあったり。なかなか進展しませんでした。
コロナも少し落ち着いてきたかと思ったら、「第〇波」みたいなのが来て。そんなに気軽に新しい人に会える状況ではないな......と。

Punonoを何で知ったか

マッチングアプリとか街コンを利用してはいましたが、やっぱり少し不安があったので、ネットでいろいろ婚活について調べたことがあったんです。
そうしたら、普通にネット使っているときに婚活に関する広告がいろいろ出てくるようになって。そこに、結婚相談所の広告がありました。
そこで初めて、「そっか、結婚相談所っていう手段もあるよね」と。
結婚相談所なら相手の身元もしっかりしてそうだし、アプリや街コンよりも信頼性があるような気がして、それで、体験だけでも行ってみようかな、と思ったんです。

結婚相談所を探すときには、家から通いやすいことを考慮しました。
結婚してからも、今の家の近くに住みたいと思っていたので、「地元の人たちが登録している結婚相談所がいいな」と。ただ、あんまり近すぎて、知り合いがたくさんいたらイヤだな...みたいな気持ちもあって。
ちょっと遠めで、でも近くて、という絶妙な距離にあったのがPunonoさんでした。
あと、料金的に無理なく入会できそうだったので、Punonoさんに話を聞きに行こうと思ったんです。

「コンサルタントとの相性が大事」成婚者インタビューKさん③

Kさん(男性・会社員/医療・30歳)
お相手の方(女性・会社員/福祉・30歳)

コロナ禍での婚活

コロナ流行中の婚活ということで、対面とWEBのどちらにも対応できるように調整してもらえたのは、本当に助かりました。
ただ、WEBで会うだけだと、自分の気持ちがうまく伝わらないということがありました。逆に、相手がアピールしてくれていることが、こちらに伝わっていない......ということもありました。画面越しだと、なかなか思いが伝わりにくいですよね。
その時はやはり対面のほうが判断しやすいと思います。
私の場合、WEBでお話しした後、対面で会うまでに至らなかった方もいますし、WEBで話した後、実際に対面でお会いしたら、「あれ、なんかちょっと印象が違うな」ということも、ありました。
早く直接会えるようになるといいですが、まだこの先どうなるか分からないので、WEBと対面を上手に使って、婚活が進められるといいですね。

結婚相談所への登録を迷っている方へ

妻は「入会するのに一年ぐらい迷った」と言っています。私も、最初入会するまで、何を基準に選べばいいのか分からなくて、結構迷いました。
結婚相談所はお見合いパーティーや合コンとは違って入会金もかかるので少しハードルが高く感じますよね。でも、勇気をもって進むしかないと思います。
入会後相手を探す際もそうなんですけど、受け身ではなく自分から会いにいくという気持ちでいないと、やっぱり繋がらない。

迷っているなら、まずは相談してから決めるといいと思います。WEBの情報やパンフレットの情報だけでは、わからないことも多いと思うので。
あと、実際に担当してくれる人と直接話ができるというのは、大きなポイントです。
私は、Punonoの清水さんと話して、「この人とは合いそうだな」と思ったから入会を決めました。一度話してみて、気が合えば入る。合わなかったら、他を探せばいい。
コンサルタントと気が合うって、すごく大事なことだと思うんです。

婚活中の相手選びには、自分の好みのタイプから探すパターンと、コンサルタントが「この人がいいんじゃないか」とマッチングしてくれるパターンと、両方あります。コンサルタントと感覚が合っていないと、紹介を受けた時に「え、なんでこの人を紹介されたんだろう?」となってしまいます。逆に、お相手の方にもそう思われているかもしれません。
コンサルタントとの相性って、すごく大切な部分です。気になる結婚相談所があれば、いくつか相談に行ってみて、自分とフィーリングの合うコンサルタントがいないか探してみることをお勧めします。

「最後まで頑張れたのはPunonoだったから」成婚者インタビューKさん②

Kさん(男性・会社員/医療・30歳)
お相手の方(女性・会社員/福祉・30歳)

プロフィールへの的確なアドバイス

Punonoさんに入会したあと、プロフィールを作る際に、かなりアドバイスをもらいました。
最初、相談所近くで撮った写真をプロフィール画像にしたのですが、Punonoさんがプロのカメラマンやスタイリストを手配してくれ、自分も驚くほどのよい写真に変えてもらいました。
写真だけでなく、プロフィールの文章に関しても、「もう少し詳しく、このあたりまで載せたほうがいいですよ」といった話もしてくれて。
自分のプロフィールって、女性からどう見られているのかちょっと分からないじゃないですか。だから、どう書くのか、どこまで書いていいのか、結構不安だったんです。そこについては、カウンセリングを受けながら細かなアドバイスをしてもらいました。

一緒にいて心落ち着く妻との出会い

Punonoさんに登録してから、20人ぐらいの方とお会いしました。
妻とは、性格が合いそうだと思ったのが、結婚を決めた理由です。すごく寛容で、心の広い人だったので。
私はいろいろと考えこんでしまうタイプなんですけど、彼女は全く逆のタイプ。一緒にいて、なんだかすごく気持ちが落ち着くんです。
自分から「こういう人がいいです」とリクエストして会った方もいますが、妻のことは、Punono代表の清水さんが「この人がいいんじゃない?」と紹介してくれました。清水さんの見立ては、バッチリだったというわけです。

最後まで頑張れたのはPunonoだったから

Punonoに入会してから2年後に結婚しました。
最初はあまりうまくいかず、お会いして交際が始まっても途中で終了してしまい正直、婚活を続けるべきか迷っていた時期もありました。交際がうまくいかず積極的な婚活をしなくなったときも、Punonoさんは全然しつこくなくて。
婚活に前向きではないときに、そっとしておいてもらえたことは、本当にありがたかったです。
でも、自分からまた連絡をするようになったら、気軽に相談に乗ってくれました。すごく親身になってくださって。
婚活に対して消極的なときには静かに見守ってもらえて、ヤル気になったら全力でサポートしてくれる。その気遣いが、とても嬉しかったです。
自分のペースで婚活することができたことも、最後まで頑張れた理由の一つだと思います。Punonoさんじゃなかったら、途中で諦めていたかもしれません。

「自分のペースで婚活が進められるんじゃないかと思いました」成婚者インタビューKさん①

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。

Kさん(男性・会社員/医療・30歳)
お相手の方(女性・会社員/福祉・30歳)

婚活しようと思ったきっかけ

大学時代の同級生が次々と入籍をしていった時期がありました。
同級生からの結婚報告が急に増えたとき、「あれ、なんで自分は結婚できないのかな?」と思ったんです。
よく考えたら、そもそも出会いがありませんでした。
今勤めている会社は、社内恋愛にあまり肯定的ではなくて。詳しい話はよく知りませんが、社内恋愛でトラブルを起こした人がいたらしく「社内恋愛はちょっと歓迎できないよね」という空気が......。
結婚している先輩や同僚に、奥さんとの出会いについて聞いてみると、入社前から付き合っていたというパターンが多かったので、あまり参考にはなりませんでした。
今の環境で出会える機会が少ないなら、自分からそういう場に入っていくしかないじゃないですか。これが、「婚活を始めよう」と思ったきっかけです。

ちょうどその頃、コロナが流行しはじめて、1人あたり10万円の特別定額給付金が支給されました。臨時でもらったお金だし、貯金するより何かに投資しよう。そう思いました。何に投資しようと考えたとき、「婚活しかないだろう!」って。
入会の費用を含めても給付金でカバーできるぐらいだったので、タイミング的にも費用的にもちょうどよかったんです。

Punonoを選んだ理由

婚活について、インターネットでいろいろ調べていくなかで、"結婚相談所"という選択肢が見えてきました。
飲食店などに集まってする合コンのようなイベントもあったんですけど、大勢の前で人と話すことがあまり好きじゃなくて。
さまざまな婚活の方法がある中から、消去法で絞っていって、一対一で話せる結婚相談所が残ったという感じです。

それから結婚相談所を探したのですが、Punonoさん以外にももう一件、話を聞きに行った結婚相談所がありました。
でもそこは、勧誘がちょっとしつこかったんですよね。初回のカウンセリングのときに、私のために入会を勧めているというよりも、その方の成績のために「入ってください」と言われていると感じてしまって......。その後もダイレクトメールや電話での勧誘もすごくて、「ちょっと違うかな」と。
一方、Punonoさんにはそういうガツガツしたところがありません。これなら、自分のペースで婚活が進められるんじゃないかと思いました。

「他の結婚相談所でうまくいかなかった人」を成婚に導いています

ブライダルPunonoが他の結婚相談所と大きく異なる点が、「他の結婚相談所に入っていたけれどうまくいかなかった」という人にこれまで数多く入ってきていただき、また成婚して退会していただいていることだと思っています。
そのような高い成果を生み出している理由の1つが、ブライダルPunonoが「相談に強い」ことです。

他の結婚相談所にもコンサルタントやカウンセラーがいると思いますが、皆さん相談を受けるのは婚活に関することでしょう。結婚相談所ですので、それが普通です。
私のところに来てくださる方は、私と話をしていくうちに、もっと深い相談をされたり、悩みを打ち明けられたりします。
お話をしながら、泣き出す人も珍しくありません。
これまで誰にも言えなかった悩みを、ようやく打ち明けることができた。
皆さんそのようなことをおっしゃいます。

誰にも言えなかった悩みとは、例えば親との関係といったことです。
婚活がうまくいっていなかったのは、実はそのような悩みになっていることが原因のことも、珍しくありません。

そのような悩みを打ち明けて、話してくださった方は、皆さんスッキリとした表情になります。そして、入会されるのです。お話をしながら泣き出した方の入会率は100%です。
そこまで打ち明けてくださった方は、成婚も早いです。最初のやりとりを通じて私との間に信頼関係をしっかり築くことができていますから、私のアドバイスを素直に聞いて、行動してくださいます。
私もプロとして、経験に基づき婚活がうまくいくためのさまざまな方法を、その方に合わせてお伝えしますから、素直に実践してくだされば、成果につながる自信がある。それが強くお伝えしたいことです。
アドバイスを聞いてその通りにしてくださる方には、幸せな成婚をお約束します。

これまで結婚相談所に入会したもののうまくいかなかった方も、ぜひ安心してご連絡いただければ嬉しく思います。

ブライダルPunonoの、大手結婚相談所と違うところ

ブライダルPunonoは「少人数制のアットホームな結婚相談所」と考えています。
結婚相談所には「大手」と呼ばれる規模の大きなところもありますが、それらとブライダルPunonoはどこが違うのかについて、お伝えしたいと思います。

なお、決して大手の結婚相談所がダメだとか、悪いと言う訳ではありません。
大手のよいところ、私のところのような少人数のところのほうが向いているところがありますので、それぞれについて知った上で、ブライダルPunonoがよいと思われた方は、ぜひお選びいただければと思います。

ブライダルPunonoの最大の特徴だと思っていること、それは会員さんとの付き合いの密度の濃さです。
私は会員さんとLINEでこまめにやりとりします。
カウンセラーが会員さんと話し合いながらアドバイスをしたりするのは、大手の結婚相談所でもやっていますが、その回数や深さには限りがあります。

私はよく会員さんと飲みに行ったりしてじっくり話を聞き、アドバイスをするといったこともしてきましたが、大きなところではそこまではやっていないと思います。
大きなところは多くの会員に対して、同じレベルのサービスを提供するためには、できることには限りがある。それは当然のことで、どちらがよい、悪いというものではありません。
会員さん1人ひとりと向き合い、じっくり付き合うことで、会員さんも私の言うことに耳を傾けてくれやすくなります。
私は会員さんの幸せな成婚のために、時には彼ら彼女らにとって耳の痛いことも言うのですが、聞いてもらえるのはそのような深い付き合いの結果と自負しています。

ブライダルPunonoには「登山部」があり、会員さんと山登りを楽しんだり、私は結婚相談所の主宰の他にフラダンス教室もしていて、婚活で行き詰まったという会員さんをお誘いしたりしています。
あまり「結婚相談所の会員」という枠にとらわれず、人と人の付き合いのつもりで会員さんとは接しています。
会員さんから結婚に限らない相談を受けることも多く、彼ら彼女らにしてみれば、これまで話せなかったことなども、私のことを信頼して話してくれている。そう感じています。

いい年齢になると、だんだんと相談できる人も少なくなってくるもの。利害関係がなく、自分のことをよくわかっている相手として、私を選んでいただけているようで、大変ありがたいことです。
会員さんのことを深くわかればわかるほど、役に立つアドバイスができますから、ぜひブライダルPunonoにご興味をいただいている方には、清水かなこになんでも相談するつもりで来ていただければと思っています。

時代と共に変わる結婚の形と、変わらないもの

結婚の形は大きく変わってきていて、
昔の価値観からすれば考えられないようなことも増えてきています。

その一方で、やはり変わらないところもあるというのが、
結婚相談所を運営し、多くのカップル誕生をお手伝いしていて感じるところです。
本日は、そのことをお伝えします。

まず、変わってきていることについて。
昔は、結婚とは親が決めるものでした。
当人たちは結婚式の当日に初めて会う、なんてことも珍しくなかったのです。
そのような結婚の形は、今では考えられません。

「昔の結婚に比べて、今の時代は離婚が多い」
というようなことがいわれていますが、
それは以前は女性に我慢を強いることで成立している結婚の形が多かったからで、今は女性が我慢をしなくなりました。しっかり稼ぎもあり、我慢する必要もなくなったと言えます。よい時代になったと感じます。

結婚したら女性は家庭に入るもの、寿退社が当たり前という時代もありました。会社が女性を採用するのは、若手社員の結婚相手候補を用意するため、そんなときもあったのです。これも、今では考えられないですよね。

今の時代は共働きが当たり前です。
「とはいえ男は一家の大黒柱」も、古い価値観になっています。
私たちの結婚相談所でも、会員さんに女医さんも多いので、女性のほうが収入があるのは、珍しくありません。

稼ぎがある分忙しい女性も多いので、家のことはなかなかできない。なので男性が家事の中心になるというケースも、増えてきています。

結婚相談所を使うことへの感覚も変わりました。昔は「お節介な親戚やおばさん」がいたもので、独身の男女をくっつけたがったり、頼んでもいないのにお相手の紹介をしたりしました。独身であることに対しての風当たりも強かったものです。

そのようなお節介をする人が減り、またいろいろな価値観が誕生したことで、独身だからと肩身の狭い思いをすることも、昔に比べて減っています。

結婚相談所というと、昔は「仕方なく使うもの」というイメージもありましたが、今では仕事が忙しくてなかなか出会いがないという人が、自然には出会えないお相手を探して積極的に利用するケースが増えてきました。

そのように時代を経て変わるものがある一方で、変わらないものもあります。男性が女性の分を支払ってあげる、アプローチや愛の告白は男性から女性に、といったことです。

もちろん例外もありますが、それらのことは、今の時代も有効と思います。女性は特に「好き」の言葉で魔法にかかるので、私たちの結婚相談所でも、男性会員には必ずその言葉を伝えるように言っています。