時代と共に変わる結婚の形と、変わらないもの

結婚の形は大きく変わってきていて、
昔の価値観からすれば考えられないようなことも増えてきています。

その一方で、やはり変わらないところもあるというのが、
結婚相談所を運営し、多くのカップル誕生をお手伝いしていて感じるところです。
本日は、そのことをお伝えします。

まず、変わってきていることについて。
昔は、結婚とは親が決めるものでした。
当人たちは結婚式の当日に初めて会う、なんてことも珍しくなかったのです。
そのような結婚の形は、今では考えられません。

「昔の結婚に比べて、今の時代は離婚が多い」
というようなことがいわれていますが、
それは以前は女性に我慢を強いることで成立している結婚の形が多かったからで、今は女性が我慢をしなくなりました。しっかり稼ぎもあり、我慢する必要もなくなったと言えます。よい時代になったと感じます。

結婚したら女性は家庭に入るもの、寿退社が当たり前という時代もありました。会社が女性を採用するのは、若手社員の結婚相手候補を用意するため、そんなときもあったのです。これも、今では考えられないですよね。

今の時代は共働きが当たり前です。
「とはいえ男は一家の大黒柱」も、古い価値観になっています。
私たちの結婚相談所でも、会員さんに女医さんも多いので、女性のほうが収入があるのは、珍しくありません。

稼ぎがある分忙しい女性も多いので、家のことはなかなかできない。なので男性が家事の中心になるというケースも、増えてきています。

結婚相談所を使うことへの感覚も変わりました。昔は「お節介な親戚やおばさん」がいたもので、独身の男女をくっつけたがったり、頼んでもいないのにお相手の紹介をしたりしました。独身であることに対しての風当たりも強かったものです。

そのようなお節介をする人が減り、またいろいろな価値観が誕生したことで、独身だからと肩身の狭い思いをすることも、昔に比べて減っています。

結婚相談所というと、昔は「仕方なく使うもの」というイメージもありましたが、今では仕事が忙しくてなかなか出会いがないという人が、自然には出会えないお相手を探して積極的に利用するケースが増えてきました。

そのように時代を経て変わるものがある一方で、変わらないものもあります。男性が女性の分を支払ってあげる、アプローチや愛の告白は男性から女性に、といったことです。

もちろん例外もありますが、それらのことは、今の時代も有効と思います。女性は特に「好き」の言葉で魔法にかかるので、私たちの結婚相談所でも、男性会員には必ずその言葉を伝えるように言っています。

「誰でもいいので結婚する」が実は正解かも

結婚に対する心構えや考え方について、少しお伝えしたいと思います。

あんまり重々しく考えないほうが、
よいお相手探しができることも、珍しくありません。

結婚相談所に登録する方は結婚を
「難しいもの」「大変なもの」と考えがちです。
一度も結婚したことがなければ、そう思ってもおかしくありませんね。

そして
「その大変な結婚をするのだから、お相手は失敗したくない」
と考えま
す。

その考えは決して悪くないのですが、自分で結婚のハードルを上げてしまって
いる方がたくさんいます。

私たちは
「40代の女性は、1回でいいので、誰でもいいので結婚しておきなさい」
と話しています。「嫌なら変えればいいんだから」が合言葉です。

今の時代、離婚は珍しくありません。

「案ずるより産むが易し」ということわざがありますが、
結婚も同じ。いろいろ考えすぎてしまってできないよりも、失敗すればまた新たにお相手を見つければいい、くらいのつもりで結婚というものにトライしてみていただきたいと思います。

私たちの結婚相談所は再婚のお相手探しもしているのですが、
再婚の婚活は、初婚に比べてはるかに楽です。
また、結婚後も仲の良い夫婦になることが多いです。

一度結婚して、別れたことで自身を振り返ったり、
また同じことをしないようにと考えるからですね。

再婚したある方は言っていました。

「誰と結婚しても同じ。大事なのは、自分が相手を思う気持ちがあるか、行動できるかどうか。それがあれば、生理的に無理といったことがない限り、誰でもうまくいくし、逆にそれがなければ、誰と結婚してもうまくいかない」

恋愛に比べると、結婚は地味で、
ドキドキもときめきもあまりありません。
ましてや結婚相談所を通じての結婚は、もっと地味なものです。

ただ結婚のよさは、
お相手と長いときを一緒に過ごして、
としていくうちに、あとになってわかるものです。

「最初はいいと思わなかった相手だけれど、
じっくり付き合っていくうちに、そのよさがわかっていった」

そんな声がよく寄せられるのが、
結婚相談所で知り合って結婚するカップルです。

会員のみなさんが、
そのような結婚生活を一緒に送れるパートナー探しを、私たちはお手伝いします。

女性のための婚活ファッションのポイント

こんにちは!
群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。

最近の若い人はみなさん倹約家で、貯金を持っている人が多いと感じています。

堅実なのはとてもよいことと思いますが、
婚活では、かけるべきところにお金をかけるべき、とお伝えしています。

女性も、しっかり自分に投資しないと
「女性映え」しません。言ってみれば「女になれない」んですね。

これから誰かと出会いたいと思っている人は、外見も自分の一部だと思って、ぜひ自分を大切にするつもりで、お金をかけてみていただきたいと思います。

女性が婚活のためのファッションで意識していただきたいのは「女友達に受けるものと男性ウケする服装は違う」ということです。

女性の間ではいいと言われても、男性のウケはよくない格好はあるもので、婚活がうまくいかない人は、そのようなファッションを選ぶ傾向があります。
もちろん服装も個性ですから、それがダメとは言いません。ただし婚活をするならば、お相手のニーズを満たすようにすることを意識していただきたいと思います。

私たちの結婚相談所では、服装の指導をしている会員さんが洋服を買うときは、必ず買う前に写真を撮って送ってもらうようにしています。厳しいことを言って機嫌を悪くされることもありますが、「今までやっていなかったことをするのを恐れないことが大事」とお伝えしています。

20代の若い会員さんにも「少しでいいのでお金をかけよう」とお伝えしています。
若い人は、少しよいものを身につけるだけで一気に映えます。

もう少し年齢を重ねた方は、年相応にしっかりお金をかけることが大事。「年齢にふさわしい服装」がその人の魅力を引き立たせるからです。

どのような服装が婚活にふさわしいか、具体的にお伝えします。

男性ウケする女性のファッションは、なんと言ってもワンピース。
あまり体のラインを強調しないものがよいです。
今ならば春先なので、色の明るいものを着ていただきたいと思います。
合わせる靴は、ヒールが高すぎないパンプス。あまりヒールが高すぎると、歩きにくいですし男性にも「近寄りがたい」印象を与えてしまいます。

あまり主義主張しない服がよいです。
デザインが凝りすぎているのも、キャラが立っていないと着こなせません。
婚活では「無難」「おかしくない」を大事にしていただきたいと思います。
自分のしたい格好は、婚活のとき以外で。

大事にしていただきたいのは、「新しいこと」と「清潔感」昔は10年着られる服といったものがありましたが、婚活ではいいものを長くよりも、程々のものを適切な期間着るほうがよいです。
自分がときめかない服に、人はときめきません。新しいものであることは大事です。

バッグも高いものでなくていい。新しいものを。
自分に見合った形で、満遍なくお金をかけていただきたいと思います。

婚活には、お金をかけよう

私たちの結婚相談所が、
入会を希望される方に強くお伝えしたいことです!

「結婚相談所に入るだけでもお金がかかるのに、もっといろいろなお金のかかるプランに入れということ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

私たちの結婚相談所は、お金を多く払った人が特になる形にはなっていないので、ご安心ください。

会員の皆さんに、会員さんに限らず婚活している人にお伝えしたいのは「みなさんの魅力を引き出すことへのお金は惜しまないでほしい」ということです。

ある会員さんは、年収が1000万円くらいある高級取りなのですが、洋服を2着くらいしか持っておらず、一年中同じ黒のTシャツを着ています。
30代後半の、社会的地位もある人ですから、そのことを考えると明らかに自分の服装に注意を払えていません。

婚活では、お相手候補に「その収入でなぜその見た目?」と思われると「ケチ」の印象を与えてダメです。
お見合いでは大体の年収も知った上で会いますから、「ステータスにふさわしい格好」でないと、それだけでマイナスになってしまいます。

私たちはさっそくその男性の服装改善に着手しました。
「洋服を買ってください」と言っても、2着しか服を持っていない人は、何を買ったらいいかもわかりません。
数十万円の予算を用意してもらい、百貨店に行き、洋服の他に、バッグやスニーカーなどを一通り揃えました。

きちんとしたものを身につけると、馬子にも衣装になるもので、一気に見栄えがよくなりました。
「収入にあったその人の雰囲気を出すこと」が男性にはいいと感じています。
男性は服の色のバリエーションも限られていますから、ダーク系のオーソドックスな色のものをチョイスしてほしいと思います。
ほかの人がしていない格好で個性を出すのは、基本の服装を着こなせるようになってから。まずは基本のしっかりした格好を身につけましょう。

特に婚活では「悪目立ち」よりも「おかしくないこと」をまず目指していただきたいと思います。
お相手候補が、事前のプロフィールや写真などを見てイメージするあなたの姿と、実際に会ってみてズレがないこと。まずはそこからがスタートです。

「おかしくない格好」をするためには、ある程度お金もかかります。
ですが、結婚相談所に登録するような方は、婚活にお金をかける意思も、実際のお金もある方たちですから、あなたの婚活を成功させるためにも、あなた自身への必要な投資をしていただきたいのです。

お見合いは「3人目」からが勝負!

私たちの結婚相談所の、お見合いの進め方について説明します。

会員登録の際、まずはプロフィールシートに記入していただきます。私たちからフォームを送り、返送していただく形です。

プロフィールシートには自己紹介、自己PRの欄がありますが、文章量が少ないことが多いので、私たちが感じた印象などから、文章を足していきます。その後実際に会員さんとお会いし、細かいことを詰めた上でシステム上にアップ。するとIBJのアプリを使用可能になるのです。

次に、実際のお見合いの段取りです。

まず「どんな人が好きか」を教えていただき、最初は私たちの結婚相談所の会員さんではない女性と会ってもらいます。その様子から女性会員とうまくやりとりできるか、といったことをチェック。そうした準備ができたうえで、合いそうと感じる人を取り継いでいきます。

最初は自由に、会員さんに好きにやってみてもらうこともあります。
ですが、最初の1人、2人は必ず決まらないものです。「もっといい人がいるかも」という心理と、慣れていないのとで決まりません。

その間も、2週間に1回くらいは私たちの元に来ていただき、私たちより注意事項を伝えるようにしています。注意事項とは「レスが遅いのはダメ」といった、ちょっとしたことです。

ちょっとしたことかもしれませんが、レスが遅いことでうまくいかないケースはよくあるので、馬鹿にできません。会員さんと担当者でグループのLI N Eを組み、やりとりをしていきます。

「私たちは会員さんからの連絡にはできるだけ早く返事をします。あなたもお願いします」とまずお伝えしています。
私たちとのやりとりの感じで、その人のレスのスピードは大体わかりますから、遅いようならば早くレスをするように促す。なんと返したらいいかわからないという人には、すぐにできる返事の形をお伝えします。

今の時代、皆さんコミュニケーションが下手と感じます。特に30代より下の方はマイペースです。友だちはオンラインゲームの中にいる、という感じの人が多く、人との間の取り方、距離感のつかみ方が身についていない人がたくさんいます。

私たちは「婚活する」とは、自分を変えていくことだ、とまず伝えています。
変わらなければ、次のものにはなれないのです。

自分優先の人はダメですから、相手に合わせる、相手の立場になる、相手の気持ちに立つことも重要です。最初にそこの共通認識を持たないと。私たちのアドバイスも聞いてもらいにくいものです。

そういった実戦とアドバイスを交えながら、皆さん運命のお相手に出会っていきます。

「結婚の形」は多様化。あなたらしい結婚の形を

今の時代、価値観も多様化しましたから
「結婚はこうでないと」はどんどんなくなっていると感じています。
昔はもっと
「決まった結婚の形」があったように思いますが、現代はだいぶ自由です。

私たちの結婚相談所の会員さんで、
医師の男性の方がいらっしゃいます。

お医者さんですから、年収も3000万円くらいあるのですが、
なかなかお相手が決まりません。

年収が多すぎてもお相手候補が引け目を感じてしまいますから、
プロフィールでは金額は少なめに書いていますが、
ご本人が人付き合いを苦手としているのか、うまくいっていない状態です。

その方のご両親やご兄弟が、
いかにもという感じのいいお相手と出会っての結婚をしているので、
その方もほかの家族に合わせないと、と感じているのかもしれません。
もしその思いがご本人の結婚へのハードルになっているとしたら、
もったいないことです。

逆に、「こうでないと」をまったく持たない方は、うまくいくことも。

私たちの結婚相談所の会員さんより
「入籍しました」というご連絡をいただきました。
男性女性ともに40代で、難しいかもしれないと思っていましたが、
お互い「これでないとだめ」というこだわりがなかったので、
うまくいったと感じています。

そのお二人はともに群馬の方ですが、
京都が好きだからと京都で入籍されました。
そのまま新婚旅行で京都を楽しんだそうです。

考えていれば、住むところで必ずしも婚姻届を出さなければならない訳ではないですから、好きな場所で入籍も、いいかもしれません。

「医師にふさわしい相手でないと」
「男性のほうが年上でないと」
「初婚同士でないと」
「男性のほうが収入が高くないと」

どれも気にする必要はありません。

そのような条件を自分で決めてしまうと、
結婚のハードルが上がってしまいます。
結婚は、当人たちの納得感が一番です。

今の時代は女性のほうが稼ぎの多いケースも多くなっています。
私たちの結婚相談所の会員さんも、
女性が稼いで男性が主夫にというパターンも珍しくありません。

周りの声やこれまでの結婚の形にとらわれることなく、
みなさんが本当にしたいと思う結婚をしていただきたいと思っています。
22679387_s.jpg

私たちは、そのためのお手伝いをさせていただきます。
ぜひみなさんの目指す理想の結婚の姿をお聞かせください。

こんな時代だからこそ、リアルの場を大切に

新年あけましておめでとうございます。
ブライダルPunonoは、今年も会員さんの幸せな結婚をお手伝いしてまいります。

少しまたコロナの感染者数が増えてきてしまっているのが気になりますが、緊急事態宣言が出ていた頃に比べると落ち着いてきたので、2021年後半はリアルで会う場を増やしてきました。
会員さん、卒業予定者でお店を貸切にして飲み会をしたり、といったことも、人数に制限を設けて行っています。

やはり「実際に会う」はとても大事と感じています。今はオンラインの打ち合わせも当たり前になり、そのための時間だけ確保すればいいので日程調整もしやすいのがよいところですが、時間が来たらはいさようなら、という感じで、深めるのには向いていません。
会議ならば事前にしっかり準備をし、何を話すか決めて、その限られた時間を有意義なものに、とすることができますが、お見合いは会議ではありませんから「何を話す」も大事ですが「その時間を一緒にいる」ことが大事です。

一緒の場にいることで、他愛のない話をしたりしながら、お相手のことを知っていく。何気ないことからその人の人となりを知る、そのようなプロセスが婚活では欠かせません。

私たちの結婚相談所へのご入会も、オンラインでというケースが増えてきました。できればご入会時は、私たちのサロンに来ていただきたいと思っています。そのほうがその後も続く付き合いになるからです。
私たちは、ただ結婚相手候補を紹介するだけではなく、もっと踏み込んだ深い付き合いを会員さんとしていきたいと考えています。少人数のアットホームな結婚相談所、が私たちの売りですから。

オンラインだけだと「入会手続きが完了しました。ではさようなら」というように事務的な内容で終わりがちで、なかなかそこまで付き合えないので、私たちが提供できるものにも限りが出てしまうと思っています。
実際にお越しいただいて、話をしていくことで、会員さんの人となりなどもわかってきますから、私たちができることのイメージが固まっていきます。話が盛り上がると、新しいアイディアも出てくるものです。

同じ場所で同じ空気を吸い、会員さんのことをより深く理解することで、しっかりしたものを提供させていただきたいと考えています。

婚活で大事なのは「長すぎない」

私たちは
「3ヶ月で一生の結婚相手を見つけるお手伝いをします。」
と謳っています。

「そんなに短い期間で本当に出会えるの?」
ということも聞かれますが、
むしろ短い時間で決めることが大事で、
長すぎるほうがよくないと考えています。

「出会って3ヶ月で結婚した」
「まったく結婚しそうな感じがなかったのに、
ある場所で出会って半年後に結婚したと聞いてびっくりした」

あなたの周りに、そういう人はいないでしょうか。

「あまり相手のことを知らないで結婚相手は選べない」
そう思われるかもしれません。

では逆に、
お相手候補といきなり3日間一緒にいてください、
と言われたらどうでしょう。

相手のことをよく知ることはできるかもしれませんが、
話が弾まなかったらつらい、
話が盛り上がらなくてもさすがに3日ずっとは無理でしょう。

私たちの結婚相談所の会員さんで、
先日成婚・退会された方がおっしゃっていました。

「長いデートはお互いボロが出るので良くない。
短い時間に何度も会う、が大事」

LINEでも長いメッセージを時々送るより、
短いやりとりを何度もする。そのほうがよほど盛り上がります。

デートも1回は2時間以内にし、
また次も会いたいと思うくらいでその日はお開き。
それでこそ次に続きます。

結婚に至るまでも同じ。

お互いいいと思っていても、
お付き合いにならないまま何ヶ月も経つ。
そうなると、なかなか次に進むタイミングもないものです。

私たちは会員さんに、
男性には5回目くらいのデートのうちに
「あなたのことが好きです」と言うように、と言っています。

婚活は、
男性のほうが結婚に向けてのスイッチが入りやすいもの。
また、女性も「好きです」の言葉でキュンときて、
スイッチ入ることが多いです。

「好きです」で女性は魔法にかかりますから、
そういう心の揺れ動きも大事と思っています。

結婚相談所で出会う人は、
その時点でお相手の仕事や収入などはわかっています。

これが自然な出会いならば、
何度も会うことで仕事などについて知っていくことになりますが、
すでにわかっている人と出会うので、
あとは「会ってみなければわからないどんな人か」を知るだけ。

ぜひ
「時間をかけずに決める」
「いいと思う人がいたら、すぐに」

を会員さんには意識していただきたいと思っています。
22715605_s.jpg

婚活は、就職活動と似ている

「婚活」は「就職活動(就活)」とよく似ていると感じます。

私たちが入会してくださる会員さんにまずお伝えするのは「婚活とは、自分を
変えていくこと」だということです。
多くの方は就活をしたことがあると思いますが「私はやり方を一切変えるつも
りはありませんが御社に入れてください」では、どこの会社からも内定はもら
えないでしょう。
何時にどこに出社するなど、当然その会社のルールや決まりを守ると約束する
ことになります。
結婚は相手あってのことですから、相手に合わせていく必要もあります。変わ
らなければ、次のものにはなれません。
就活を始めて、すぐに希望の会社への内定を決めた同級生はいたと思います。
婚活も、スタートしてからすぐにお相手を見つけてゴールイン、の方もいます

一方で、なかなかうまくいかない人も。そういう人は、自分優先で相手に合わ
せる、相手の立場になる、相手の気持ちに立つことができていないケースが多
いです。
私たちはそのような方に対し「今のままではダメだと思ったから、ここに来た
んでしょ」と話し、変わってもらうことを促します。
とはいえ、婚活をしたことがなければ、何をどう変えたらよいかもわかりませ
んから、最初は自由に、好きに婚活をしてみてもらうこともよくあります。
「お相手候補さえ紹介してもらえれば、自分ならうまくいく」と考える自信満
々のタイプには、そのようにすることが多いです。
しかし、最初の1人2人は必ず決まらない。これは断言してもいいです。やはり
慣れていないと、決まらないものです。
まずは慣れてもらう。就活でも面接を繰り返してだんだん言いたいことを適切
に言えるようになったのと同じように、婚活でもお相手候補と会うことを繰り
返していくことで、よくなっていきます。
また、自信満々な人も、今までうまくいかなかったのには何かしら理由がある
わけです。ただ出会いがなかっただけではありません。
ダメな理由をなくしていくことで、次こそうまくいくようになります。

人はうまくいかない、受け入れてもらえなかった事実を突きつけられることで
、学ぼうとするようになります。
そうなると、私たちの話にも耳を傾けられる。そうなったらば、うまくいくも
のです。
就活でも、うまくいかない人は「何がダメだったのか」を考え、対策し、面接
でも振る舞ったと思います。
婚活も、まったく同じです。

結婚相談所のお相手探しは「条件」がすべて


「条件で結婚相手を選ぶ」というと、
あまりよくない印象を受ける方もいるでしょう。

結婚相談所を通じての出会いは、すべて条件で決めましょう、
というと言い過ぎかもしれませんが、
それが一番手っ取り早い道ではないかと思います。

私たちの結婚相談所が、
入会された会員さんに対しまず行っているのは、
「どんな結婚生活を送りたいか」のヒアリングです。

今の時代は、結婚生活と一言で言ってもだいぶ多様化しました

一昔前は男性が稼ぎ、
女性は家に入り妻として母として家のことをする、
が普通でしたが、今は共稼ぎが当たり前になっています。

また、男性よりも女性のほうが稼ぎがよく、
その分忙しいので家のことをしている暇がない、
というケースも増えてきています。

そういう方であれば
「結婚後もバリバリ働いていたい。
家のことはあまりやっている時間はないので、
自分がやるよりも男性にやってほしい」と望む方も珍しくありません。

そのような条件をしっかり聞くことができれば
「男のほうが稼ぎがよくないと、とはまったく思わない。
稼げる人が稼げばいいので、女性のほうが収入がよいならば、
家のことは自分がやればいい」

と思う男性をご紹介することができます。

このほかにも、子供は欲しいか。
欲しいならば何人か、といったことも、
その方の結婚生活における重要なポイントです。

「条件を固める」とは「無駄なハードルをなくすこと」
と言えるかもしれません

ある方が言っていたのは、
「結婚してから2人で乗り越えるべきことはいろいろある。
人生、何があるかわからなくて壁はたくさんあるのだから、
余計な壁はできるだけ少ないほうがいい」

女性は結婚の前に恋愛をしたいという方が多いのですが、
結婚を目的にすると、
恋愛はゴールに対し遠回りになることもよくあります。

その方の条件にバッチリな方をご紹介すると、
たいていみなさんの反応は「え〜」というものです 笑

条件に合う人を、で見ていくと、
恋愛相手としては物足りない方が候補になります。
「恋愛の対象と結婚相手は別物」
「結婚相談所で出会う相手は、条件から見ていったほうがいい」

このあたりのことは、
結婚相談所に入会することを考えている方には、
まずご認識いただきたいポイントです。

その前提のもとで、
ぜひ運命の方に出会っていただきたいと思います。

4724361_s.jpg